英語教材と有名人・芸能人

お金で動く有名人と芸能人は本当に迷惑

「英語を学ぼう」「英語ができなければ」という風潮が近年とても強くなったこともあり、英語学習産業はかなり成熟しています。

 

英語教材や英会話学校、最近ではオンライン英会話やアプリなど英語を学ぶ手段も本当に増えました。

 

そして、それらを提供する業者の数も増えました。

 

そんな中、販売に積極的な業者は有名人や芸能人に高額な広告出演料を支払い、莫大な広告宣伝費を投下して大々的な宣伝活動をしています。

 

英語教育とはまったく無関係の有名人や芸能人が広告宣伝に登場しているのは誰もが知るところ、きっとあなたも「あー、アレね」といくつか思い当たることでしょう。

 

このように、教材自体の内容の良し悪しとは関係のないことろで勝負が起きてしまっているように感じます。

 

私が一番に気になるのは、CMや宣伝で起用されている有名人や芸能人が本当にその英語教材を使っているのかどうか、本当にその英語教材を良いと思っているのかどうかということです。

 

おそらく、広告出演料がなければその英語教材とは無縁の人生だったと私は推測します。

 

また、いくつか英語教材を渡されて、「この中で一番良いと感じたものを選んでください」と言われれば、別の教材を選んでいたかもしれません。

 

少なからず、彼らに支払う広告出演料分だけ教材の内容の改善に取り組んでもらった方がより良い教材になることでしょう。

 

そのため、CMや広告で英語とは関係のない有名人や芸能人を見るたびに、呆れた気分になってしまいます。

 

広告出演料で動かされ、英語に精通しているわけでもない有名人や芸能人が「この教材がいいですよ!」と言い、それに流されている真面目な英語学習者がいることは否定できません。

 

自分は広告出演料が入るから幸せですが、英語は人の人生を大きく左右する可能性があることなので「あなたのしている仕事はかなり責任が重たいですよ」と伝えてあげたくなってしまいます。

 

だからこそ、英語教材などの宣伝に登場する有名人や芸能人の言葉には絶対に流されてはいけないと思います。

 

しかし、私がこのサイトで紹介しているリスニングパワーだけは例外です。

 

リスニングパワーは実際に有名な芸能人が多数使用しているそうです。

 

これはWikipediaにもその実績として掲載されています。

 

当然ですが、広告出演料などはなく、完全にプライベートで使っているということです。

 

私は以前、このサイト上で「ハリウッドに出演したあの男優もあの女優もリスニングパワーを使っている」ということを名前出しで書いていたら、その俳優の事務所から削除の依頼がありました。

 

そのとき感じたのは「これは本物だ」ということです。

 

本当に良い教材というのは、広告出演料なしで有名人も芸能人も使っています。

 

そして、これはあくまでプライベートでの使用なので、CMや宣伝に勝手に彼らの名前を使うことは認められていません。

 

広告出演料ありきで有名人や芸能人が使っている教材と、それなしで使っている教材とでは内容の質に雲泥の差があると思います。

 

お金のために何のゆかりも信念もない英語の宣伝に登場している有名人や芸能人に私は苦言を呈したいです。

 

「確実にあなたはシラけた目で世間から見られていますよ」と。

 

仕事といえど、英語の場合は人生を左右するものであるため、節度ある宣伝活動をしてくれることを願っています。

 

そして何より、教材の内容で勝負をする業界になってほしいところです。