リスニングパワーのスコットペリー

リスニングパワー開発者のスコットペリーってどんな人?

画像-スコットペリー

 

英語教材の売上ランキングで常に上位にいるリスニングパワー、そんなリスニングパワーを開発したのはアメリカ人言語学者のスコットペリー氏です。

 

多くの英語教材と異なる点は、日本人ではなく外国人が開発した英語教材であるということです。

 

日本で販売されている英語教材では、監修者として外国人が名を連ねることはありますが、外国人が開発者であることはなかなかありません。

 

ここで聞こえてくるのは、「外国人が日本人に求められる英語の学習法が分かるのか?」という声です。

 

スコットペリー氏は上の写真のとおり風貌からは想像できませんが、日本人と同レベルで日本語を話すことができます。

 

実はスコットペリー氏は日本人に英語を教えることに特化したプロであり、その指導実績は15年以上です。

 

そして、15年間以上におよぶ日本人に対する英語の指導をする中で日本人が英語を話せない理由を発見しました。

 

その理由は、「日本語と英語の音の周波数の違い」です。

 

日本語の音の周波数はすべての言語と比べたときに特段高いものです。

 

それに対して、英語の音の周波数は他の言語よりも低くなっています。

 

このように英語と日本語の音の周波数には大きな違いがあることこそ、日本人が英語を聞き取れない、理解できない、正しく発音できない最たる理由です。

 

スコットペリー氏は、日本語と英語の音の周波数のギャップを埋めることを目指し、医学博士やサウンドエンジニアの協力のもとリスニングパワーを開発しました。

 

リスニングパワーによってスコットペリー氏は、2,000人以上のバイリンガルを生みだすことに成功したのです。

 

そして、それを裏打ちするかのごとく大手企業や有名な機関でのリスニングパワーと同じ学習メソッドの導入実績を持ちます。

 

画像-スコット・ペリー氏の指導実績

 

スコットペリー氏は特に発音についての専門家で、Scott Perry Tongue Positionという発音システムも開発しており、正しい発音を短期間でマスターすることについても定評があります。

 

また、リスニングパワーは大手企業や大学だけでなく芸能界でも使われています。

 

俳優や女優は急遽海外での仕事が入るものです。

 

ハリウッド映画などはその典型で、普段英語を話せない人でもすぐに英語に対応する必要があります。

 

そんなときはこのリスニングパワーを聞くことで短期間で英語に慣れることをしているというのは有名な話です。

※リスニングパワーを使った芸能人やスコットペリー氏の指導を受けた芸能人の名前を私は知っていますが、過去にここに書いていて芸能事務所から削除の要請があったため現在は書くことができません。

 

他の教材の宣伝に登場する著名人のように広告の仕事としてではなく、完全にプライベートでリスニングパワーを使用しているからです。

 

映画の中で外国人俳優の話を聞き取る力もそうですが、自分の発音についても短期間で矯正をする効果が認められています。

 

そんなリスニングパワーについて、詳しくは私の体験談をどうぞ

 

⇒リスニングパワーの私の体験談はコチラ

 

ちなみにスコットペリー氏は2016年中に指導者としては引退することが発表されており、今後スコットペリー氏の学習メソッドを体験できるのは、リスニングパワーなどの教材でのみとなります。

 

画像-リスニングパワー3